最新情報

学習会「みんなでつくる核兵器のない世界 その2」のご案内

日本共産党十勝地区委員会の青年・学生運動委員会が9月におこなった街角シールアンケートのなかで、興味・関心事をたずねた質問への答えとして一番多かったのが、「核兵器廃絶」でした。 この声に応えるとりくみとして、下記のつどいを計画しました。 参加費無料。どなたでも参加...

2013年10月21日月曜日

小池晃参議院議員が帯広で講演、超満席の会場に鳴りやまない拍手

日本共産党十勝地区委員会は20日、小池晃副委員長(参院議員)を迎えて、ベルクラシック帯広で講演会を開きました。
政治状況の変化や十勝の基幹産業の農業を破壊する環太平洋連携協定(TPP)に反対する取り組みなどに参加者の共鳴が広がり、講演会終了後、ただちに3人が入党を申し込みました。
広い会場は開会前に満席となり、小池氏が登壇するとカクサン部のキャラクターを描いたうちわがいっせいに振られ、大きな拍手と歓声が上がりました。
小池氏は参院選後の政治状況について「『二大政党』とは誰も言わなくなり、第三極も失速しました。政治の見晴らしが良くなると、『自共対決』が対決軸だとわかりやすくなりました。日本共産党は対決と対案、一点共闘で立ち向かいます」と話しました。
消費税増税やブラック企業対策、原発ゼロ、憲法改悪、秘密保護法案など今国会の焦点について解明した小池氏は消費税増税について、「国民には消費税を増税し社会保障は切り捨てながら、その一方で大企業支援という政治には、国民の力で『倍返し』をするしかありません」と強調しました。
TPP問題について「安倍首相は『守るべきものは守る』と言っていたが、『聖域』と言っていた重要5項目も交渉対象になり、全く守れないことが明らかになりました。安全な食料を守るためにも十勝から声を上げ、より大きな共闘を広げてほしい」と呼びかけました。
最後に小池氏が、侵略戦争に命がけで反対してきた日本共産党の歴史を語り、「社会を前に進める仕事を一緒にやりましょう」と入党を呼びかけると、目頭を押さえる姿があちこちで見られました。(「しんぶん赤旗」10/21付)
講演のあと小池氏は、3人の方から出された質問に丁寧に答え、鳴りやまない拍手に両手を振って応えました。