最新情報

はたやま和也比例候補が十勝に来ます

はたやま和也・衆院選北海道比例候補が19日、十勝入りして、浦幌町、幕別町、帯広市、音更町、芽室町を回り10ヶ所で訴えます。 2015年1月の農水委員会での初質問の際には、十勝に駆けつけて畜産農家の生の声を聞き、農家のみなさんの思いを胸に、国会の場で質しました。 ...

最新記事

2017年10月18日水曜日

はたやま和也比例候補が十勝に来ます

はたやま和也・衆院選北海道比例候補が19日、十勝入りして、浦幌町、幕別町、帯広市、音更町、芽室町を回り10ヶ所で訴えます。

2015年1月の農水委員会での初質問の際には、十勝に駆けつけて畜産農家の生の声を聞き、農家のみなさんの思いを胸に、国会の場で質しました。

2016年夏に十勝を襲った台風7号・10号の被災直後には真っ先に現地に入り、被災者の声や要望を聞き、直接関係省庁に要請をして支援措置を実現しました。

道民・国民の声を聞き、国政の場にしっかりと届ける確かな議席。

この宝の議席を守り、さらに増やして、北海道から日本共産党の複数議席を。

19日、ぜひ、お近くの街頭演説会場にお越しいただき、候補の訴えをお聞きください。


#比例は共産党 #安保法制廃止 #共謀罪法廃止 #立憲主義回復 #民主主義回復 #憲法九条改定反対 #市民と野党の共闘 #安倍暴走政治退場

2017年10月15日日曜日

16日、19日に政党・街頭演説会が行われます。

明日16日に、「かわべ竜二」比例代表・北海道ブロック候補が市内と近隣3町の4ヶ所で政党演説会を、19日には「はたやま和也」比例代表・北海道ブロック候補が、藤丸前をはじめとした十勝管内10ヶ所で街頭演説会を行います。

候補による訴えを直接聞くことができる機会です。ぜひ、お誘い合わせの上ご参加下さい。


○○○10月16日(月) かわべ竜二比例候補

政党演説会○○○


<幕別会場> 11時~ 幕別町百年記念ホール講堂
           (幕別町千住180-1)
<音更会場> 14時~ 音更町共栄コミュニティセンター
           (音更町木野西通17丁目1)
<芽室会場> 16時~ 芽室町南地区コミュニティセンター
           (芽室町西2条南6丁目1)
<帯広会場> 18時~ 帯広市南町福祉センター
           (帯広市西15条南36丁目1-1)

◎◎◎10月19日(木) はたやま和也比例候補

街頭演説会◎◎◎

(演説時間は藤丸前が30分、他は20分を予定しています)

10:05~ 浦幌町北町公住公園(浦幌町北町4-10)
12:05~ 幕別パークプラザ(幕別町錦町141-19 幕別駅前)
12:45~ ぴあざフクハラ札内店(幕別町札内青葉町308-23)
13:20~ 藤丸デパート前(帯広市西2条南8丁目1)
     ※紙智子・参議院議員も訴えます。
14:05~ 北海道銀行西5条支店南側(帯広市西5条南20丁目)
14:40~ ディノス帯広駐車場東側(帯広市白樺16条西2丁目)
15:15~ いっきゅう駐車場横(帯広市西19条南2丁目30-5)
16:00~ JAおとふけ前(音更町大通5の1)
17:40~ ハピオ木野店前(音更町木野大通西7丁目)
18:30~ めむろーど前(芽室町本通1丁目19 芽室駅前)

2017年10月10日火曜日

安倍暴走政治に退場の審判を

(佐々木とし子・党道11区国政相談室長のFacebookより転載)

衆議院選挙が公示されました。

北海道11区の野党統一候補、立憲民主党の石川かおり候補の出陣式に、日本共産党十勝地区委員会の佐藤糸江地区委員長とともに駆けつけました。

凛として「憲法9条改憲を許さない。安保法制を廃止する。若者や子育て世代、農業者の声などを受けとめて、この選挙戦の中で政策を訴えていきたい。野党統一で立候補を取り下げた佐々木とし子さんの思いも受けとめて選挙戦を闘う」と決意を述べた石川候補。

日本共産党の躍進と市民と野党の共闘で、この11区から政治の流れを変える!❗️何としても勝利しましょう。




2017年10月5日木曜日

安倍暴走政治を終わらせよう

日本共産党北海道委員会は5日、今回の衆議院議員選挙にあたり、立憲民主党北海道、社民党北海道連合、戦争させない市民の風北海道と下記の「協定書」を結びました。

「協定書」
1.政策協定について次のとおり合意する。
(1)立候補予定者は安保法制の廃止、共謀罪法の廃止をめざす。
(2)立候補予定者は立憲主義と民主主義の回復をめざす。
(3)立候補予定者は憲法9条の改定に反対する。
2.選挙協力について次のとおり合意する。
(1)立憲民主党は、北海道2区、7区、9区、12区では候補者を立てず相互支援を行う。
(2)共産党北海道委員会は、北海道1区、3区、4区、5区、6区、8区、10区、11区で候補者を立てず相互支援を行う
(3)社民党北海道は、選挙区で立憲民主党及び日本共産党の候補を支援する。
2017年10月5日


日本共産党十勝地区委員会は同日に記者会見をおこない、「協定書」にもとづき、今回の衆議院議員選挙北海道11区に立候補を予定していた佐々木とし子・党道11区国政相談室長の立候補をしないことを発表しました。
 佐々木とし子氏は、「安倍暴走政治を終わらせるために、日本共産党の躍進で北海道比例2議席の獲得、小選挙区での野党共闘候補の勝利に全力を尽くします」と述べました。

2017年9月20日水曜日

総選挙に勝利して、安倍政権を退陣させよう!

 日本共産党十勝地区委員会は19日、十勝管内東部の浦幌町、豊頃町、幕別町を回る宣伝キャラバンをおこない、17ヶ所の街頭から訴えました。

佐々木とし子・道11区国政相談室長は、臨時国会冒頭での衆議院解散が濃厚との報道を受け、「冒頭に解散をして審議を回避する姿勢は、森友・加計学園問題や自衛隊の日報隠し問題などの真相究明を求める国民世論に背を向ける行為であり、許されません」として、臨時国会での関係者の証人喚問と徹底審議を求めました。

さらに、「解散総選挙は、憲法を改悪して日本を戦争できる国につくりかえようとしている安倍政権を退陣に追い込む絶好のチャンスです。市民と野党の共闘を発展させて、総選挙で勝利するために全力を尽くします」と訴えました。行き交う車や家の中から手を振る姿がたくさんみられ、庭仕事をしながら演説に耳を傾けていた60代の男性は、「いよいよ選挙ですね。応援します」と言って固い握手を交わしました。

20日早朝には、帯広市内南部にある3高校の通学路となっている道路沿いで街頭宣伝をおこない、JCP magazine や民青紹介パンフを配布しました。「私にもください」と言ってmagazineを受け取る高校生や、「応援しているから、共産党しっかりがんばれよ」と言って通っていく男性の姿がありました。

2017年9月6日水曜日

北朝鮮問題 対話で解決を ~街頭宣伝~

日本共産党十勝地区委員会は6日、帯広市内10ヶ所で街頭宣伝をおこないました。

佐々木とし子・道11区国政相談室長は、北朝鮮による核実験と弾道ミサイル発射に強く抗議し、「問題解決のためには、外交努力と対話が何よりも重要です。武力衝突は絶対に避けなくてはいけません。北朝鮮に対する圧力をアメリカに求めている安倍政権は、今度の総選挙で退陣させるしかありません」と訴えました。

街頭演説のために停車した宣伝カーを見つけて駆け寄ってきた60代の女性は、「共産党のことは応援しています。未来ある子どもたちのためにも、子育て・教育政策にしっかりとりくんでください」と話しました。

2017年9月1日金曜日

核兵器完全廃絶へ ~核兵器禁止条約が採択~ とかち民報№156

とかち民報№156ができました。

今号は、国連会議で採択された「核兵器禁止条約」のこと、佐々木とし子・道11区国政相談室長の活動報告などを載せています。

ぜひ、お読みください。