最新情報

学習会「みんなでつくる核兵器のない世界 その2」のご案内

日本共産党十勝地区委員会の青年・学生運動委員会が9月におこなった街角シールアンケートのなかで、興味・関心事をたずねた質問への答えとして一番多かったのが、「核兵器廃絶」でした。 この声に応えるとりくみとして、下記のつどいを計画しました。 参加費無料。どなたでも参加...

2015年3月4日水曜日

道議選十勝地域区 山川氏が決意



  農協「改革」許さない   


決意を述べる山川氏
日本共産党十勝地区委員会は27日、帯広市内で記者会見し、道議選十勝地域区(定数4)の候補として、山川秀正氏(62歳・音更町議・道農民連委員長)を擁立することを発表しました。

 佐藤糸江十勝地区委員長は、「TPP(環太平洋連携協定)参加に加えて農業・農協『改革』など阿部暴走政治が急加速している。十勝を守るためには、暴走政治ストップでがんばる道議が十勝地域区でもどうしても必要と考えた。これまで農業一筋、全道・全国の農民運動の先頭に立ってきた山川秀正さんは、最適の候補。帯広市区の佐々木とし子候補とあわせて、十勝で2議席の日本共産党道議を何としても誕生させたい」と語りました。

 山川秀正氏は、「TPPに参加すれば地域が消滅する。TPP断固反対、農業・農協『改革』を許さないというオール十勝の声を必ず届けたい。農業は平和産業だ。多くの人から『戦争は絶対にだめだ、共産党がんばれ』という声も寄せられている。この期待に必ず応えたい」と力強く決意を述べました。

(「しんぶん赤旗」2015/2/28付)